自賠責保険が4月から14%程度値上げされます。

自賠責保険の保険料が4月から値上げされることが発表されました。
我が家も一台、昨日車検から車が返ってきたばかりなので気になりますよね。

自賠責保険の保険料は全損保会社で一律となっており、支払の対象は対人賠償に限り、自分の傷害や自動車の修理代は対象外。賠償限度額が被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円・傷害120万円までと決まっています。また保険料は利益も損失もでないよう定期的に値上げや値下げをする仕組み(地震保険と同様の仕組み)で、毎年自賠責保険審議会で、損害保険や自動車業界関係者、学識経験者らの委員が保険料水準を検討することになっています。

自賠責保険、4月から14%程度上げ 車離れ懸念  :日本経済新聞

記事の中に「軽症でも保険金を請求する人が増えた」ので赤字が膨らんだとあります。

ちょっと話は逸れるかもしれませんが基本、保険の制度は性善説に基づいて成立していると思います。

しかし実際には言葉は悪いですが慰謝料、休業損害目当てでいつまでも病院に通い続ける性悪な人が少なからず存在することも事実です。実際に、車の損害自体は修理代数万円程度の事故にも関わらず病院に1、2年以上も通い続けているような被害者根性丸出しの人もいます。そんな人たちに支払った保険金のせいで(もちろんそれだけの理由ではありませんが)、全員の保険料が値上がりしてしまう…何だか納得いかない仕組みだと思いませんか??

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが実際にお客様から保険料をいただく立場にいる私たち保険代理店の立場からすると、単純に保険金支払額が増えたから保険料をupしますというだけではなくて、もう少し支払った保険金の内容に無駄は無いのか…精査をして欲しいと思います。

 

 

 

本当に苦しんでいる被害者の方を救済するという本来の趣旨