ヒストリア宇部にて青年塾塾長、上甲晃さんの講演会

「みんなが幸せになってこそ、自分も幸せになれる」

ヒストリア宇部(宇部市旧宇部銀行館)にて行われた元松下政経塾副塾長、現在青年塾塾長である上甲晃さんの講演会に参加してきました。
IMG_0313

私が講演を聞きながらメモしたこと。
「目標を高く設定して、自分の可能性のスイッチをたくさんOnにしよう。」
「一流の人とそうでない人の違いは才能だけではない。絶対に成功するんだという思いをどれだけ強く持っているかによって決まるものだ。」
「自分の意識の中で勝手に自分の限界を作ってしまっている。」

「不便、不自由、不親切が力強い人を育てる教育だ。」
「本当の学びは感動からしか得られない。」
「主人公意識を持って何事にも取り組もう。」

「そこそこでは人は感動しない。そこまでやるかというレベルまで。」
「難しいことや特別な事をする必要はない。平凡なことを徹底的にやる。」
「組織の土を変えよう。みんながその気になった時、組織は変わる。」
「小さな実践を継続することが大きな変化を生む。」
「継続は微妙な変化に気付かせてくれる。」

「人が嫌がることも、はい喜んでと自ら勧んでやろう。」
「うまくいかない人は感謝の心が足りない。」
「人の批判をする暇があれば、せめて私くらいは…と自分の決心だけで今すぐできることをしよう。」
IMG_0298

私も自分の中の”スイッチをOn”にたくさんしました。
例えば…
toeic

子どもたちへの教育方針、急に「不便、不自由、不親切」にするとびっくりするだろうな…